アマトの書評・本棚:Bookshelf-1

トップページへ TOPページへ。       ■本の[カテゴリー分類]はAmazon.co.jpに準拠。                 蔵書増殖中・・05/11:885冊

「時空書斎アマトの本棚/下記の書評」の続きは下の文字を「クリック」ください⇒
⇒[読書感想-01/中沢新一著・アースダイバー/緑の資本論]⇒[読書感想-02/カルロス・カスタネダ著作]

■お勧め:中沢新一氏の著書

[人文思想]:アースダイバー/緑の資本論

アースダイバー
著者:中沢新一 

タイトル:*アースダイバー
          *緑の資本論

トッピック: *縄文地図を片手に、東京の風景が一変する 散歩の革命・・アースダイバー。 *資本論の一神教的再構築:「商品」から 「モノ」へ・・緑の資本論。 *出版社:講談社・集英社 *05/5/30 第1版発行・アースダイバー 02/5/10 第1版発行・緑の資本論

<寸評:「アースダイバー・緑の資本論」>

中沢氏の本を最初に手に取ってから21年になる。それは、1984年3月第1版6刷の、せりか書房・■「チベットのモーツアルト」を 八重洲BOOKCenterで買ったのが最初の著者・著作との出会いだった。ロマンティックなその本の「題:タイトル」に惹かれたのです。

この年は、円高ドル安のプラザ合意がG5でなされ、日本が戦後体制・終了の通過儀礼を行った年であり、翌年からのバブルに火を付ける前年でもあったが、 私にとっても人生節目の出来事多発の年でした。

また、浅田彰氏の、せりか書房「構造と力」・筑摩書房、「逃走論」など、 現代思想の最前線を、「スキゾフレニック」・「構造主義から脱構築・解体構築」などの言葉とともに、「ストロース・・・ポランニー・フーコ・デリダ・ドウールーズ」 などの現代思想家の存在を知った年でもありました。 学生時代や、ビジネス・実業の世界とは違う新鮮な知的世界に興奮した記憶がある。この年、中沢新一34歳。浅田彰27歳。

「チベットのモーツアルト」とは中沢によれば、 ジュリア・クリステバが伝統的な意味の構造を微分差異化し ・・その記号の解体などをエレガントなモーツアルト の音楽やチベット仏教の声明音楽の中に象徴的に見出し、意味の無限化、 多様な官能や身体へと運動させて行く様を「チベットのモーツアルト」 と彼女の論文で表現した。それを中沢が、ネパールで密教僧として追体験し、執筆の世界で この本のタイトルに使用したのだそうです。

そして何よりも出会いを感謝するなら、この本を通じて、更に・「カルロス・カスタネダ:ドンフアン」 を知った事である。その本の冒頭の1に、「孤独な鳥の条件・・・カスタネダ論」があったのだ。■"Castaneda,Carlos.Who?" 以後、今日まで。・・・それは、私の人生でのカスタネダとの、知的体験・出会いの年でした。

この本で私は素敵な「瞑想」:ゾクチェン=アティヨーガの話や、チベット密教の世界を知った。 ヒマラヤの天空に架かる「虹」を観た思いだ。二冊目の彼の著作・■「虹の階梯」で更にその深みに 魅せられると同時に、わが国の・真言密教の世界・曼荼羅にも眼を向けさせられた。 異世界の存在、拡張する自我、視界?を得る貴重な教養体験でした。

■寸評の続きは「読書感想」へ

■この著者も「大好き」です。

[人文思想]
■カルロスカスタネダ
「呪術師ドンフアンの教え」シリーズ

カルロスカスタネダ カルロスカスタネダ2
著者:カルロス・カスタネダ
タイトル:呪術師と私・・ドンフアンの教え
刊行  :1972
     呪術の体験・・分離したリアリティー
刊行  :1973
     呪師に成る・・イクストランへの道
刊行  :1974
     呪術の彼方へ・力の第二の環
刊行  :1978
     呪術と夢見・・イーグルの贈り物
刊行  :1982
     意識への回帰・内からの炎
刊行  :1985
     沈黙の力・・・意識の処女地
刊行  :1988
出版社 :二見書房
訳者  :真崎義博
タイトル:未知の次元・・ナワールとは・第4作
出版社 :講談社
刊行  :1979
訳者  :青木保監修・名谷一郎

1998年4月27日にカルロス・カスタネダはカリフオルニア州ウエストウッドの自宅で肝臓ガンのため死去したという。 彼が世に紹介されたのは1968年・UCLAで人類学を学ぶ学生だった時のドクター論文だそうだ。

小生が彼の著作を読んだのは、左記に記したチベットのモーツアルトでの紹介で、1984年・「ドンフアンの教え」カスタネダ の最初の著作がアメリカで刊行された16年後の事になる。 1968年は原子力空母・エンタープライズ寄航問題・東大闘争・三億円事件・・などの年。

60〜70年代の「ニューエイジ運動」のゴットファーザと称されたカルロス・カスタネダの著作シリーズと真木悠介氏の「 気流の鳴る音」細川廣次氏の「知者になる道」島田裕巳氏の「カルロス・カスタネダ」などを中沢新一氏の著作と併せ お読みになれば、その全容の素晴らしさが、2005年の今日でも有効で、その価値が一層高まっている事が理解できると思います。 小生の「ドンフアンの教えシリーズ」の読書感想は別途、上記、■⇒「読書感想ー02」をクリックください。

■中沢新一・緑の資本論

中沢新一著作 ■とにかく、私の独断でお勧めします。amazon.co.jpまたはお近くの書店でご確認ください。 *左記の寸評〜読書感想をご参考に。

[科学・テクノロジー]:

スパコン・量子コンピューター関連
量子コンピューターとは何か? ■米ローレンス・リバモア国立研究所は2005/10/27日(米国時間)、米IBM社製で世界最速のスーパーコンピューター『ブルー・ジーンL』を増強し、 演算能力を毎秒280兆6000億回(従来は136兆8000億回)に倍増させたと発表した。日本で最高の「地球シミュレータ」(同35兆8600億回)との差は、約8倍に開いた。 ブルー・ジーンLは2004年11月に地球シミュレータを抜き、トップに立っていた。

2004年世界の超高速CPランキング:1位地球シュミレーターNEC/35.86テラフロップ・ 2位米国ローレンスリバモア研究所・Thunder(CDC)/19.94テラフロップ・3位ロスアラモス国立研究所ASCIQ(HP)/13.88テラフロップ・ ・(2008には2ペタフロップの超超高速のCPが地球上に出現?) 地球シミュレータは、8台のスーパーコンピューターからなる計算ノードを高速ネットワークで640台つないだもので、 総プロセッサー数は5120個。主記憶容量は10TB(テラバイト)。 ピーク性能は40TFLOPS(テラフロップス)、現時点で達成している演算性能は35.86TFLOPS(テラフロップス)で、 4月18日付けで世界最高速として承認/登録されている/2004年時点(1テラフロップスは1秒間に1兆回の浮動小数点演算を行なう処理能力)。

すさまじい消費電力と、冷却水・・スペースが物理的に要求されるが・・その演算能力は・・目的と手段さえ明確なら・・ 自然界のフララクタル?f1の揺らぎさえシュミレート可能とも言われる。 更に、物理的演算能力の幾何級数的・爆発的可能性が量子CPで・・

さて、 「量子コンピューター」とは?これまでのスパコンと何がどう違うのか? 現在のコンピュータのスイッチは2進法のオン・オフ(1か0)のどちらかだが 量子スイッチは1と0の両方を同時にとることが可能?(・素粒子・・光の波と粒子の 性格・干渉縞に関連した量子的あいまいさ)そのキャパシティーは・・!

以下高速CP・量子CPのLink/ご参考

TOP50スパコンサイト SFUF/univercity of san francisco 量子コンピューター・ナノテク

■私の生涯学習・偏見研究。Study-01

下記画像をクリックいただき、興味があれば オンライン書店等でご購読ください。 小生には良い本でした。

[科学・テクノロジー]:
複雑系:COMPLEXITY関連書籍

複雑系書籍 今??もっとも注目を集めている、 ■最先端科学のキーワード「複雑系」 サンタフェ研究所の天才たちから・・ この世界を根本から変革する「予兆」が?

[科学・テクノロジー]:
素粒子物理学と量子論/宇宙


素粒子物理学関連新書
発刊:講談社 BLUE BACKS・ちくま書房

■特にお勧め
"物理学から、<物>という概念が
次々に消えてゆく"
モノ・コト・フィクション
その最前線?
■<@世界が変わる現代物理学
ちくま書房:竹内薫著:04/09/10発刊

A心は量子で語れるか
ロジャー・ペンローズ
講談社BLUEBacks
中村和幸訳 05/01/19第9版・発刊

[科学・テクノロジー]:
数学・オンチ版・微分と積分
なるほどゼミナール
科学・オンチ版・相対性理論
なるほどゼミナール

・・文系・数3・物理・未経験者には必須です。 簡単でした・今頃?高校の時、損した気分です。 微分積分 相対性理論 発刊:日本実業出版社

■[人文思想」/「9.11」とは「何か」?
関連書籍
9.11関連書籍 ■言わずと知れた、今日の「超緊急テーマ:9・11」これに 関心を持たずして、この世界に生活する意味は何でしょうか?

■Mark:「ぬりつぶされた真実」 あの石油外交が、米国のビン・ラディン 追求を骨抜きにした事を暴く。 ブッシュとビンラディンは石油利権と 国際金融ネットワークでつながっていた。 (NYタイムス紙・ル・モンド紙) 全米・全ヨーロッパベストセラー ジャン=シャルル・ブリザール ギョーム・ダスキエ著:山本知子訳 幻灯舎:2002/09第1版発行。

■Mark:「仕組まれた。9・11」 アメリカは戦争を欲していた。 報道された事実を丹念に分析したら ■「自作自演」の輪郭が浮かび上がってきた! *ご存知?タナカ・サカイのベストセラー 「タリバン」につづく、分析は鋭く現実だろう。 その凄まじさに驚愕の一冊だ。

■著者のWebサイトへアクセス確認ください。 ■田中 宇 著 &Webサイト PHP研究所2004/04第1版発行

■■アマトの3D時空本箱■■


■書斎は書棚で決まります!■
ネットで購入が便利で安い!





ロリポップ
★レンタルサーバー[ロリポップ]
☆月額263円30G!

読書の森
読書感想の森/お勧めサイト


Amazon-Books/人文・思想


楽天とラベル/a>